最近改めて気づいたコミュニケーション能力の低さ

日常生活

こんにちは。
颯太です。

先日オフィスに出勤したときに
気づいたことです。

珍しく人が多めに出勤していて
お久しぶりの方もいらっしゃったので
雑談をすることが多かったのですが

ビックリするぐらい
コミュニケーションができなかったです。笑

コミュニケーションができないと思った理由は
4つありました。

①とっさに言葉が出てこない

とにかく言葉が出てきませんでした。

チャットでのやりとりが多かったため
時間をかけて返信することに慣れてしまっていて

言葉のキャッチボールのリズムが
スムーズにいかず、困ってしまいました…。

Aさん「最近はいかがお過ごしですか?」
僕「えっ…最近…なんだろう…なんですかね…。
  うーん…。えっ?なんだろう…。」

こんな感じでかなりしどろもどろになって
なかなか会話がスムーズにいかなかったです。

もともと言葉がパッと出てくるタイプでは無かったので
改めて苦手なんだなと再認識することができました。

②なんとなく笑って取り繕ろうとしていた

会話の途中や最後に笑うことで
なんとかその場を取り繕うとしていました。

もともとそういう癖があったのですが
人と関わることが少なくなったことで
より一層この癖が強くなってきた気がしました。

せっかくの会話のなのになんとなく
ヘラヘラ笑っているだけだと
相手に失礼だなと反省しています…。

ただ、言い訳になってしまうかもしれないですが、
笑わないと間が持たないんですよね。

無言の時間が続いてしまうと
申し訳なくなってしまいます。

一応自覚をしたのは
大学生のときだったのですが
今も相変わらずその癖が続いています。

③声のトーンが低すぎ

会話が苦手なので、
暗い感じにならないように

少しでも明るく返事をしたいなと
思っているのですが

低いトーンがデフォルトに
なってしまうときがあります。

「はい」という返事でも、
低い声でボソッと言うのと
明るく言うのでは意味合いが
異なってくると思います。

仕事をお願いされたときに、
全然ウェルカムなのにもかかわらず

返事が低いトーンになってしまうと
もしかして嫌々引き受けたように
思われちゃったかな…と不安になります。

④相手の言ったことを繰り返すだけ

個人的にこれを感じたことが
一番心にグサッと刺さりました。

リアクションが相手の言ったことを
ただひたすら繰り返すだけ。

Aさん「●●なんだよね~」
僕「え!●●なんですね!」
Aさん「そうなんだよ~。」
僕「そうだったんですね。」

すぐに会話が終わってしまって
悲しい気持ちになります。

リアクションの種類を増やして
会話が続くように頑張りたいです。



こんな感じで、コミュニケーションが
苦手な理由がいくつか見つかりました。

気の利いた一言が言えるようにと
それにまつわる本を購入して勉強中です。

相手を不快にしない程度に
コミュニケーションをとれるように
頑張りたいなと思います!


最後までお読みいただきありがとうございました。 
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました