換気で健やかな日々を

日常生活

こんにちは。
颯太です。

コロナ対策の一環として
十分な換気が挙げられています。

電車やバスに乗っている時に
やけに社内の雑音が大きいなと思ったら
窓が開いていたということもありました。

電車やバスなどの公共交通機関だけでなく
レストランなどのお店でも
テラス席を設置したり
窓をなるべく開けたままにするなど
換気対策をとっています。


最近は寒くなってきて
換気は…と思うかもしれないですが

僕は朝、昼、夜と3回ぐらいを目途に
換気をするようにしています。

本当は天気の良い日に窓を
開けたままにしてのんびりと
過ごしたいのですが

さすがに寒すぎてつらいので
少しずつ換気をしています。笑


朝は仕事を開始するまでは
とりあえず窓を開けておきます。

寝てる間に自分の部屋の香りって
結構変わりますよね。

その人が持っている独特の香りで
部屋が満たされるのがどうも苦手で。

朝トイレに行って部屋に戻ると
ウワッ…と自分の部屋の臭いに
顔をしかめそうになります。
HSPあるあるなんでしょうかね…?

そのぐらい自分の臭いが好きじゃないので
とりあえず窓を全開にして
自分の臭いを追い払います。

冷たい朝の空気が入ると
シャキッとした気持ちになって
リフレッシュも兼ねます。

在宅勤務を始める前に窓を閉めて
アロマルームスプレーを使います。

シャキッとした冷たい空気に
澄んだ香りが合わさって
標高の高い森林にいるような
気持ちになって気分転換になります。

これで朝は気持ちよく仕事を
始めることができます。


お昼休憩になると
また窓を開けてこもった空気を
しっかりと換気します。

午前中の疲れも部屋の空気と一緒に
追い出してしまいます。

午後の勤務を開始する前に
窓を閉めてアロマルームスプレーで
お気に入りの香りで満たします。



仕事が終わったら窓を開けて換気。
気持ちを切り替えるためにも
空気を入れ替えます。

リセットされた部屋で
夜はゆっくりと過ごします。



こんな感じで僕は換気生活を
過ごしています。

コロナ対策だけではなく
メンタルケアとしての側面もあるなと
感じています。

こもった空気の中にいると
気分も塞がりがちになってしまうので

お天気の良い日には
カーテンを開けて陽の光を取り入れて
窓を開けてカラッとした空気で
部屋を満たすだけでも
少し心が晴れやかになるかなと思います。

うまく気分転換をして健やかな日々を
過ごしていきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました