緩急を大切にしよう

日常生活

こんにちは。
颯太です。

先日ちょっと用があって外出した際に
人混みを避けようと遠回りしたり

帰り道に少し遠回りして帰ったら
気づいたらかなり歩いていることに気づきました。

歩数計を見たら「25,000歩」も歩いていて
思わずスマホを二度見してしまいました。笑

歩くのは好きなのですが、
ここまで歩くことはほぼないので驚きました。

ちなみに歩いた距離は「17.7km」でした。
1時間=4kmだとすると
4時間以上ノンストップで
歩いていたことになるんですね…。

さすがに途中で休憩を
挟んだりはしましたが
帰り道に遠回りしているときは
足が痛くなってしまいました。

でも達成感みたいな喜びがあって
心地よい疲労感でした。

お散歩でもここまで
歩くことは無いので

普段はできないことを
成し遂げられて気分爽快です。

冬の澄んだ空気を
吸えたことも
デトックスした気分になって
心地よさにプラスになりました。


・・・とはいえ、
さすがに翌日は脚の付け根が
痛くなってしまったので
家でじっと過ごしていました。

見たかったドラマをNetflixや
TVerで観たり

アロマオイルが無くなってきたので
どれを購入しようかネットで探したり

のんびりだらだらと
好き放題して過ごしていました。

ついでのお菓子も買っていたので
お菓子もつまんじゃいます。

家活、最高です。笑

頑張ったあとにはしっかりと休む。
この緩急がすごく好きです。

ここでしっかりと休むことで
心と身体がリセットされて
また頑張ることができるようになります。


頑張ることももちろん素敵ですが

頑張っている間に蓄積された
心身へのダメージが
キャパを超えてしまうと

ガクッとダウンしてしまう
きっかけになります。

僕も以前お風呂上りにふと

この仕事、いつ終わるのかな
終わらなかったらどうしよう

と急激な焦燥感や不安に襲われて
身体が鉛のように重くなって
眠りが浅くなった時期がありました。

今思えばかなり危険な
状態だったと思います。

とても苦手なカテゴリーの
仕事を引き受けていて

初めてだったこともあり
とても緊張していました。

おそらくそのストレスで
気づかない間に押しつぶされていました。

お休みの日はベッドでゴロゴロしたり
好きなことをしたり

ストレスのかからないことをして
過ごすようにしていました。

そのおかげか無事にその仕事も
終わらせることができて
とても安心しました。


HSPの方はキャパ以上に
頑張ってしまう傾向があるため

特に在宅勤務でオンオフのボーダーが
あいまいになってきているこの時期にこそ

「休む」ということを
少しでも意識すると
生きづらさが軽減されて
楽になれる可能性があります。

僕もまだまだストレスを受けて
へこたれてしまうときもあります。

少しでも生きやすい人生にするために
メリハリを意識しながら
好きなことをたくさんしたいと思います!


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました