心と身体が求めるままに眠ろう

日常生活

こんにちは。
颯太です。

嬉しい日曜日です。

昨日は仕事だったので、
今日はアラームをかけずに
二度寝も含めて10時間ぐらい眠りました。

単純に疲れていたのもありましたが
何時に起きても良いという安心感が
深い眠りにいざなってくれました。

学生時代は10時間以上寝るのは
当たり前だったのですが

社会人になってからは
10時間が限界になってきました。
恐るべし、社会人ライフ。笑


アラームをかけずに
眠るのがすごく幸せで
休みの日の密かな楽しみになっています。

心と身体が求めるがままに
起きたり二度寝をする。

たっぷりと思うままに眠れると
心と身体が楽になります。

朝起きたときに見える日差しが
いつもよりも柔らかく
キラキラして見えます。

湯たんぽのお湯を流すついでの手浴が
いつもよりも気持ちよく感じます。

白湯を飲むと優しい暖かさが
身体の中にじんわりと広がっていくのを
しっかりと感じることがでいます。

朝食もいつもよりも
おいしく感じることができます。

心にゆとりがあるからこそ
何気ないワンシーンを
特別に感じることができます。

スローな朝を送ることで
最高の1日のスタートになります。


10時間ちかく眠ると
日中に活動できる時間は
短くなってしまいますが

疲れているときや
心身をリセットしたいときは
眠れるだけ眠ったほうが良いと思います。

たっぷり寝て回復したら
また頑張ればオッケーです。

だから休みの日にゴロゴロするのは
全然悪いことではないです。

何の役にも経っていない
ダラダラしてちゃダメだ

と考えてしまうかもしれないですが

普段誰かの役に立っているからこそ
疲れが溜まっているんです。

特に今は年明けで時期的に疲れが
溜まっている方もいらっしゃるかと思います。

なのでお休みの日ぐらいは
自分の心と身体が求めるままに
だらだらしちゃいましょう!

だらだらしても誰にも
迷惑はかかっていないです。

休めるときにしっかり休む。
働くときはしっかり働く。

年中無休で働いていると
溜まった疲れがどこかで一気に襲ってきます。

そうならないようにするためにも
日々の生活にメリハリをつけて
楽しい日々を送りたいと思いました。


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました