歯列矯正日記③

歯列矯正

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「歯列矯正日記③」です。
歯列矯正日記②はこちらから


下の歯に矯正装置をつけてから
約3週間が経過しました。

いろいろと思うことがあったため
今回はそれをご紹介できればと思います。

①矯正装置が当たって痛い

最初に矯正装置をつけたときに
歯科衛生士の方に痛みや
気になる部分が無いか確認されました。

右側の歯が少し出てしまっていて
そこが当たるのを心配してくださったのですが

その時は何も気にならなかったため
大丈夫ですと答えて終了。


ところが、2日目か3日目ぐらいから
心配された右側ではなく

左側の矯正装置がずっと当たっていて
違和感をすごく感じました。

しかも靴擦れのように
口の中に傷がついてしまって痛みがあります。

朝起きて口の中が血の味がしたときには
うわぁ…とテンションが下がってしまいました。笑


さらに口内炎もできてしまって
すごく気になっています。

どうしても気になってしまうときには
歯科医院でいただいた、ちぎって使える
ラバー状のカバーのようなもの

矯正装置にかぶせています。

なんとかこれで抑えてはいますが
今も気になってモヤモヤしています。笑

早くこの感覚から解放されるか
慣れてしまいたいです。

②食べ物が挟まることが増えた

上の歯のみをつけているときも
食べ物は挟まっていましたが

下の歯をつけたあとは
挟まりやすい場所が増えたこともあり

食事の後に鏡を見ると
思わず笑ってしまうくらい
食べ物が挟まっています。

誰かと食事に行くことのハードルが
上がるなぁ…としみじみ思います。笑

外でご飯を食べる機会があったら
歯磨きセットはマストですね。

気を付けていきたいと思います。

③歯磨きの時間がさらに増えた

食べ物が挟まりやすくなったため
いままで以上に歯磨きの時間が増えました。

僕のいつもの流れはこんな感じです。

①簡単にうがいをしてある程度の
 食べ物を落とす

②歯ブラシで矯正装置の上側、正面、下側の順でブラッシング

③歯の裏側や舌も磨く

糸ようじ で矯正装置のついていない奥のほうの歯と
 反対側のピック部分で奥歯と親知らずの
 間につまった汚れをかきだす

歯間ブラシ で歯と歯茎の間の汚れをとる

⑥ホワイトニング用の歯磨きで軽くブラッシング

⑦リステリンで隅々まで除菌(?)

⑧仕上げのブラッシング

だいたいこれで30分ぐらいかかります。

この手順を30分ぐらいかけてするのは
2~3日に1回ぐらいのペースです。

そうではない日は念入りなブラッシングと
リステリンで済ませます。

歯列矯正中の歯磨きについて調べていると
ウォーターピックも良いと見かけたので
最近情報収集をしています。


あっという間に2か月弱経過しましたが、
このあとも引き続き歯列矯正について
レポートをしていければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


タイトルとURLをコピーしました