ありがとうを伝える大切さ

仕事

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「ありがとうを伝える大切さ」についてです。

3月は年度末ということもあって
繁忙期になる方が多いんのではないかと思います。

僕も絶賛繁忙期です。

ことあるごとの繁忙期アピールに
鬱陶しいなと思っている方が
いらっしゃいましたら
申し訳ございません…。


忙しい日々が続くと残業ハイにもなりますし
だんだんと心が乾いてしまいます。

僕の場合はこんな感じです。

残業ハイのあとに一気にバッテリー切れになって
充電に時間に要します。

繁忙期だとバタバタした日々は続くので
無理やり働くとまた残業ハイになって
すぐにバッテリー切れになって…の繰り返しになります。


穏やかゾーンから離れてしまうと
心が乾いてきます。

だいたい残業ハイと
一緒に現れます。

おそらく疲れを感じないようにするために
一時的に心のスイッチが
オフになっている
のかもしれません。

心のスイッチがオフになっているせいで
ついつい自分中心の考え方になってしまいます。

・こんなに頑張っているのだから感謝されるべき
・なんで自分だけこんな目に

こういう思考回路になってくると
メールやチャットも雑になってきます。

もちろん、忙しいときに多少簡潔な内容に
なってしまうのはしょうがないと思います。

ですが、お手伝いをしてもらったり
質問に回答してくださったときには
感謝の気持ちは忘れずに伝えるようにしたいです。

繫忙期だからこそ、忙しいのはみんな一緒。

その中でわざわざ時間を割いてまで
質問したことに回答してくださったり
お手伝いしていただいたら
感謝の気持ちを伝えたいです。


繁忙期は雰囲気がピリピリしがちです。

感謝の気持ちを伝えることで
あたたかい雰囲気を作れれば
働きやすさにつながると思います。


回、なぜこのことについて
触れたかというと

先日、職場でこれとは真逆のことが
発生したからです。

同じチームの方が他の方のフォローをしたら
感謝ではなくキツイ言い方で文句を言われてしまいました。

フォローの仕方に問題があったわけでもなく
上司にもしっかりと確認をしたうえでの対応でした。

にもかかわらず何故か文句を言われていて
見ていてとても悲しい気持ちになりました。

もしかしたら僕が気づいていないところで
気に障る部分があったのかもしれないですが

それでもまずは御礼を伝えてから
こうしてもらえると嬉しいですと
伝えたほうが平和的だったのに
と思いました。

これと似たような現象が
実は何回か発生していて

そのたびに悲しい気持ちに
なっていました。

こうした経験から
御礼を伝える大切さを
改めて実感することができました。


せっかく一緒に働くなら
気持ちよく働きたいですよね。

まだまだ繁忙期は続きますが
ありがとうの気持ちを伝えることは
忘れないようにしたいと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました