HSPの僕が疑似週休3日を経験して感じたこと

仕事

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「週休3日制」についてです。

おそらく以前にもブログには
書いたかと思いますが

3月末に消えてしまう有休を消化するために
1~2月は週1のペースで有休を取得していました。

疑似的な週休3日制になったので
そこで感じたことをHSPの僕なりに綴ってみようと思います。


僕の気持ち的には、「これ以上1日あたりの業務量が増えたら
週休3日ではなくても良いかな」
という感じです。

そう感じた理由をご説明できればと思います。


まず、1日当たりの業務量についてです。

繁忙期に差し掛かるタイミングだったこともあり
ある程度は業務量は増えるだろうなとは思っていました。

案の定、1日当たりの業務量は増えました。

マルチタスクが苦手だったので
やることをなるべく細分化したり
期日を確認して、期日が先の仕事は
後にやるように心がけました。

それでも疲れてくると頭がまわらず

やろうと思っていたことが終わらない
優先順位がうまくつけられない
など
支障をきたしました。


だいたい1日あたり2~3時間くらい
残業をしていた記憶があります。

このぐらいの時間の残業が
ちょこちょこあったため

仕事のあとは何もする気が起きず
ひたすらグダグダしていました。

特に8時~22時で仕事をしたときは
さすがにクタクタでした…。

世の中にはもっと働いている方も
いらっしゃるかとは思うのですが
僕にとってはこれが限界でした。


在宅勤務だったのがまだ幸いで

適当にごはんを食べて
お風呂に入ってすぐに
ベッドにダイブしました。

1日当たりの業務時間が増えて
繁忙期だったこともあって

残業続きになったのは
ダメージがありました。


長時間労働はむいていないと
つくづく実感しました…(泣)



次に、休みの日についてです。

週に3日お休みがあるのは
本当にありがたいです。

土日は本当にあっという間で
髪を切りに行ったり
脱毛に行ったりすると

あっという間に半日ちかく
過ぎてしまいます。


繁忙期は特にしっかりと
心身をリラックスさせたいので

できれば土日に外出の予定を
入れるのは避けたいです。


とはいえ、髪の毛については
我慢できる長さにも限界があるため
ヘアサロンに行く必要はあります。

でもお家でゴロゴロしていたい!!
という気持ちもあるため
モヤモヤしてしまうこともあります。


でも、週休3日であれば、平日の空いている時に
サッと用事を済ませることができて
土日も2日間、完全に家に籠ることができます。

土日休みにプラスでもう1日休みがあると
余裕をもって過ごすことができます。


ただ、1日の業務量が増えてしまうため
あまりにも疲労が溜まってしまい

心身のバランスが崩れてしまう
可能性もあります。

僕の場合、これ以上残業が増えてしまうと
危ないと思いました。


最初は週休3日制に対しては
休み増えんじゃん!その分忙しくなっても
全然問題ないよ!

とポジティブにとらえていましたが

実際にやってみると
そこまで気楽なものではないということを
実感することができました。

週休3日にするのであれば
それに応じて業務量や給与の調整も
必要になってくると思います。

ただ、在宅勤務に加えて新しい働き方を
経験することができたのは
とても有意義でした。

まだまだ繁忙期は続きますが
引き続き頑張ります!


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました