自分で自分を巻き込まない

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「自分で自分を巻き込まないこと」についてです。

HSPの方は責任感の強さや豊かな想像力から
自分には関係のないアクシデントも
自分が原因だと考えてしまう癖があるかと思います。




まさに僕もこれで
誰かが怒られていると
自分が怒られているように感じてしまい

その人とのエピソードを勝手に
掘り起こして自分のせいだと思ってしまいます。



怒られている状況以外でも
人が何かミスをしてしまったりすると
心がギューッと押しつぶされそうになります。

たとえば・・・

昨日夕方にあの人と喋ったせいで
疲れてしまってミスを起こした

自分があのタイミングで
声をかけたから集中力が
切れてしまった

自分が視界に入らなければ
気が散らなかったはず

「とにかく自分が悪い」
自分で自分を巻き込んでしまいます。


これ、自分が苦しむだけなので
なるべく考えないようにしたいですね。

明らかに自分がしてしまったミスであれば
反省の余地はあるかと思いますが

自分に関係の無いところで
誰かがミスをしてしまっても
割り切って考えられるようになりたいです。


ふと冷静になってみると

自分を巻き込んで考える原因は
解決のしようのないものばかりです。

あの人に話しかけなければ良かった
→一生会話しない?

声をかけたから集中力が切れた
→一生話しかけない?

視界に入らなければ良かった
→透明人間になる?

今すぐに簡単に解決できることではありません。


自分が犯したミスであれば
自分で原因を突き止めて
改善する機会はありますが

無理やり自分でこじ付けた理由では
改善のしようがありません。


ただ、自分を一方的に責めて
悲しい気持ちになって終わるだけです。

これに気づいてからはなるべく
引きずらないように気を付けています。

思考の癖になってしまっているので
簡単には治らないとは思います。


それでもまずはこの気持ちになってしまったとき
自分が傷つくだけだ。誰もハッピーにはなれない。
とサクッと割り切れるようにします。

そこから少しずつトレーニングをして
最終的にはこの思考の癖を無くせるように
していけたら良いなと思います。


みなさまも自分を大切にして
あたたかい日常をお過ごしください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


タイトルとURLをコピーしました