HSPの方がマイナスな雰囲気に流されないようにするための2つの方法

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「マイナスな雰囲気に流されないようにすること」についてです。

HSPの方は周りの雰囲気に
影響を受けやすいと思います。

僕もまさにそうです。

周り雰囲気の良し悪しで
自分にパフォーマンスにも
かなり影響が出てきてしまいます。

雰囲気が心地よければ
それだけパフォーマンスも良くなるし

居心地が悪い雰囲気だと
かなりできることが減ってしまいます。




現在僕がいる職場には、現実的というか
何事にもネガティブに考える方がいらっしゃいます。

もちろん、何事にも良い面とそうでない面があるので
マイナスな部分から目を背けないことも大切だと思います。

ですが、そのネガティブな感情を
こちらに吐き出されてしまうと

僕までネガティブな気持ちに
なってしまいます。


どうでもいい
こんなことやっても意味がない
自分は必要とされていない

こんな感じのことを
延々と話してくるので
正直疲れてしまいます…。


どうしてもはっきりとNOと
言えないタイプなので

話をうまく切り上げることもできず
なかなかうまくそこから
抜け出すことができません。

本音はその場から離れたいのですが
それもなかなかできません…。


そんなとき、僕は2つの方法
試すようにしています。

うわの空作戦

話を切り上げることができなければ
とりあえず聞いている感を出して
話の内容は頭の中に入れないようにすると

メンタルへのダメージを
抑えることができると思います。

その方の場合はとにかくネガティブな感情を
吐き出したいという感じなので

こちらからの何か具体的な解決策を
提示する必要はなく

とにかく目を合わせて
うなずくなどのリアクションをして

時折少しオーバーに驚いたり
そうなんですねと受け入れるような
メッセージを投げかけると
そのうち落ち着きます。

相手から発せられるネガティブオーラを
なるべく受け取ってしまわないように
自衛する作戦です。

話題転換作戦

話を切り上げるのは苦手ですが、
勇気を出して話題を変えるという作戦です。

ただし、話題を変える場合は
相手の趣味や好きなことに限定します。

そういえばこの間おっしゃっていた
●●●はいかがでしたか?

コロナで大変な時期ではありますが
●●●はまだ続けてらっしゃいますか?

といった相手の趣味や好きな話題を振って
ポジティブな話題に変換します。

好きなことであれば楽しく
お話ししてくださる方なので

ネガティブトークを
ポジティブトークに変換して

僕自身も楽しい気持ちになることが
できるようにします。

一応、その方の好きなことは
以前、お話をした際に伺っていたので

長くなりだなと思ったときは
適当なタイミングで好きなことの話題に
変えるようにします。



僕は最近はこの2つの作成を駆使して
ネガティブな話題から逃れるようにしています。

人間関係には人一倍苦労することが多いHSPですが
うまくストレスを回避できるように
自分なりの工夫を続けられたらと思います。

みなさまもどうかご自身を大切にされて
快適な日常をお過ごしください。


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました