何もしたくない時は・・・

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「何もしたくない時」についてです。

何もしたくない時ってありますよね。
僕もよくあります。

全然やる気がでない
動くのがだるい

体調が良くないのか
単に気持ちの問題なのか

理由は分からないけど
なんとなく何もしたくない

誰にでもそんな時があると思います。

まさに昨日、僕はそんな状態でした。





そういうときにはさっさと自分の心に
素直に従うのが楽です。

何もしたくないならしなくて大丈夫です。

まずはしっかりと心身を休ませて
のんびりと過ごしましょう。

窓の外をぼーっと眺めるだけ

外で鳴いている鳥の声に耳をかたむけるだけ

白湯を飲んであたたかさが
身体に広がるのを感じるだけ

目を閉じてソファに身体を預けるだけ

自分がまったりとできると思ったやり方で
心と身体をほぐしましょう。


僕も昨日はただひたすらに
だらだらとし続けました。

窓の外を見たり
あたたかいお茶を飲んだり
ベッドでごろごろしたり

自由に過ごしていました。

窓の外を見たらちょうど野良猫がいて
ほっこりした気持ちになりました。


そのおかげか、今日はちょっと
調子が良かったです。

良い感じにデトックスが
できた気がします。






何もしたくないと思うのは
悪いことではありません。

誰にだって感情の波はあるし
体調が悪かったのかもしれません。

頑張りどきはあるかと思いますが、
ずーっと頑張っていたら疲れてしまいます。

何もしたくないと思った方、
今日はお風呂にのんびりと入って
布団に入ってゆっくりとしましょう。

今日やらないと人生が左右されるぐらい
大切なことでなければ
明日以降にやりましょう。

どうかご自身の気持ちを
優先されてください。

明日が良い日になることを願っています。


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました