できるときにやる、できないときにはやらない

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「できるときにやる、できないときにはやらない」についてです。

人の気分には波がありますよね。

よっしゃー!今の自分ならなんでもできる!
ワクワクがあり過ぎて楽しみー!

と絶好調なときもあれば

何もしたくない…
暗い未来しか想像できない…

とブルーな気分が強くなる日もあります。

アップダウンの強さや期間も異なるので
ハッピーな気持ちが長く続くこともあれば
ブルーな気持ちが長引くことも。








感情の波は行動にも影響します。

ハッピーなときであれば

新しいことにチャレンジしたり
ちょっと負荷をかけてみたり

ポジティブなことができる
きっかけにつながります。


一方でブルーなときは

何もする気がおきない
ただひたすらにだるい

と行動を抑制される状態になります。


ブルーな気持ちのときには
以下のような負のループに陥りがちです。

何もしたくない

やろうと思っていたことができない

だらしない自分に嫌気

さらにブルーな気持ち

何もしたくない

以下省略

僕もこういう状況に陥ってしまうことがあります。
今でもあります。

ただ、いつもポジティブでいるというのも
それはそれで難しいかと思います。








マイナスな気持ちでいるときには
その気持ちは否定せず

今、自分はマイナスな感情なんだなと
俯瞰して感じるようにすると
少し気持ちが楽になります。



マイナスな感情から
解放されたいのは分かりますが

焦ってしまうがあまり
今の自分を否定してしまうと

どんどん自分の感情が分からなくなり
自分が何をしたいのか
何を楽しいと思うのか

といったことまで分からなくなってしまう
可能性があります。

ブルーな気持ちになっていて
何もしたくないと思えばそれで良いと思います。

それが本当に気持ちであれば
何もせずだらっとしましょう。


その代わり、できると思ったときに
やれることをやるのがおススメです。

僕は2日に1回のペースで
ブログは更新していますが

2日連続で書いて予約投稿をしたりと
出来るときに書くようにしています。

もちろん、2日に1回のペースは
できるだけ守りたいですが
疲れていたり、気分がのらないときもあります。

そういうときに備えて
いくつか記事はストックしています。


できる!と思った日に
おかずを作り置きしておく
エアコンの掃除をしておく

できるときにちょっとだけ頑張れば
後で快適な時間を過ごすことができます。



ブルーな気持ちになる自分を
否定しないで大切にされてくださいね。

みなさまの暮らしが
少しでも楽になることを願っています


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました