HSPの僕が目指す「透明感と儚さ」

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「なりたい自分」についてです。

みなさんはどんな自分に
なりたいかというイメージは
ありますでしょうか…?

芸能人の●●みたいな顔になりたい
職場の●●さんのように働きたい
もっと自分に自信を持ちたい

人によって外見、内面で
いろんなイメージがあると思います。

僕もそつなく仕事をこなせたり
人とのコミュニケーションを楽しみたいなど

なりたい自分のイメージが
パズルのピースのように
ちらばっています。

今回はその中の「透明感と儚さ」について
語っていきたいと思います。


「透明感と儚さ」って?


そもそも「透明感と儚さ」とは
何を指すかということですが

肌が色白でキレイ
サラサラな髪の毛
全体的に色素が薄め
どちらかというと物静か

言葉で表すとすると
こんな感じになります。

ある意味で清潔感とも
つながっていると思います。





「透明感と儚さ」に憧れる理由

なんで目指してるの?という話ですが

僕のフィーリングで
そう感じたからです。笑

自分自身のイメージ的に

小麦色の肌
スポーティー
がっしりした体形
アグレッシブ

こういった特徴は
似合わないと思っています。


そうなってくると
逆のほうに特化したほうが
良いかなと思った次第です。

実際、周りの人からも

色白であることは

肯定的にとらえて
いただけているので

セルフイメージと周囲のイメージに
ギャップは無さそうで

間違ってはいないのかなと
勝手に思い込んでいます。笑




「透明感と儚さ」に近づくためにしていること

「透明感と儚さ」を得るために
何をしているかということですが
3つご紹介できればと思います。

①「日焼け予防」

肌を白く保つことに加えて
紫外線のダメージによって

シミや肌荒れが発生すると
つらい思いをするので

日焼けをしないように
気を付けています。

外に出る時には
日焼け止めは必須で
忘れずに塗るようにしています。

顔や首だけでなく
腕にもしっかりと塗って

紫外線をできるだけ
カットします。

②「脱毛」

髭を剃るとどうしても
肌にダメージができてしまい

ニキビや赤みがでてしまって
肌荒れの原因となってしまいます。

肌の色が白いこともあって
青髭が目立ってしまっていたのですが

青髭をどうにかしようと
無駄に力を入れて何度も
シェーバーを走らせてしまって

肌がボロボロになってしまっていた
時期もありました。

脱毛をしてからは
髭を剃る回数が激減して

悩んでいた顎周りの肌荒れが
嘘のように治まりました。

髭だけではなく
腕や足も脱毛をして

夏に肌が見える際にも
なるべく透明感を演出できるようにしています。

③「保湿」

お風呂上りには保湿を
するようにしています。

化粧水や乳液はもちろん、
ボディクリームで
全身の保湿を怠らないようにしています。

肌が乾燥していると
どうしても透明感が


損なわれてしまうので
気を付けるようにしています。

ほぼスキンケア関連ですね。笑




最後に

こんな感じで「透明感と儚さ」
を得ようとしている僕ですが

実際のところは
まだまだ程遠いです。笑

自分が納得できるパーエフェクトな状態には
ならないのかなと思ってはいるのですが

悪い習慣ではないので

無理のない範囲でコツコツと
続けていきたいと思います。

「透明感と儚さ」
永遠の僕の夢です。


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


タイトルとURLをコピーしました