友達がいなくても

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「友達がいないこと」についてです。

僕の友達がいないアピールは
何度もこのブログでご紹介しました。笑

今回も友達がいないことについて
今の心境を書いていきたいと思います。

書こうと思った理由ですが

このブログがどんなワードで
検索されているのか気になったので
Google Search Consoleでチェックしてみました。

すると、「hsp 友達いない」というフレーズが
ずば抜けて多かったのです。

同じ悩みを持ったHSPの方がたくさんいるんだ!!
という安心感がじんわりと広がりました。

それと同時に、少しでもその気持ちが楽になるように
僕なりに文章でお伝えできればと思ったので
今回の記事を書いてみることにしました。





気にしすぎ
気を遣いすぎ
なんでそんなにオドオドしてるの
変わってるね

子供のころから
よく言われてきたことです。


人の気持ちに敏感だったり
一挙一動に反応してしまったり

誰かとずっと一緒にいるのが苦手で
1人で空想をして楽しむこともありました。

気づいたらどの仲良しグループにも
所属することができずに
1人で過ごす時間が多かったです。


部活にも入っていたのですが
うまく馴染むことができずに

すぐに幽霊部員になり
退部してしまいました。


家で1人でゲームをしているほうが
何倍も楽しかったです。


当時は友達が多い人が
異様にキラキラと輝いてみえていて

自分は暗いところでひっそりと
生きていく人間なんだと
思っていました。





社会人になってからは
その状況は少しはマシになりました。

「人脈が大切」ということはよく聞くし
誰かが結婚したという話を聞くと
焦ることもありますが

友達がいなくても
散歩をしてリフレッシュしたり

学生時代よりも稼げるようになったので
好きなアロマの香りで癒されたり

好きなことをたくさん
できるようになりました。



友達がいないからといって
馬鹿にされたりすることもないです。


もちろん、人脈がある人や
人間関係が豊かな方に
気後れする気持ちはあります。

でも、そもそも人と関わっても
疲れてしまうこともあるのだから

無理に誰かと繋がらなくても
良いかなとも思っています。

劣等感を埋めるためだけに
誰かと繋がってしまうと
大切な何かを失ってしまう気がします。

もし気が合う方と出会えたら
そのご縁を大切にすることで
幸せな日を過ごせるのかなと思いました。







自分が何か夢中になれたり
心がときめくものに対して

じっくりと取り組んでいくと
内面が豊かになっていきます。

そうすることで、友達がいないことへの劣等感が
薄れていく可能性があります。

その活動をしている中で
素敵なご縁がある可能性もあります。

僕もたまたま好きなものが共通なことがきっかけで
職場で仲良くしていただいている方がいます。


友達がいないこと=悪ではありません。

僕も友達がいないですが、
犯罪者だとは1ミリも思っていないです。笑

大丈夫です。
友達がいない人間はここにも
確かに存在しています。

楽しい人生を過ごせるように
一緒に頑張りましょう!


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました