周りと比べて僕は…

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「周りと比べてしまう癖」についてです。

僕は人と比べてしまう癖があります。
同じような悩みを持った方は多いかと思います。

他の人よりも仕事ができない
他の人よりも容姿が劣っている
他の人よりも社交性がない

なんでもかんでも比べては
自己嫌悪に陥ってしまいます。

人と比べることが趣味です!
といえるぐらい頻度が高いです。笑







人と比較すること自体は「完全なる悪」とは
思っていないです。

あの人みたいに仕事を頑張りたい!
あの人みたいな生活をしたい!

比較することで自分にとって
プラスのエネルギーに変えられる人もいます。

目標ができることで
毎日の生活に活力があふれ
良い方向に進むきっかけにもなります。

僕も芸能人で圧倒的な透明感や儚さを感じると
この人みたいになりたい!という気持ちが芽生え
スキンケアや自分磨きにいそしみます。

とはいうものの、前述のとおり
ポジティブな気持ちになる比較というのは
そこまで多いものではありません。

ネガティブな気持ちになる比較のほうが
個人的には多いと感じています。

おそらくこの記事を読んでいる方も
同じように感じている方は多いのかなと思っています。

いづれは比べる癖そのものから
卒業できたら嬉しいのですが
まだその境地には全然たどり着けていないです。







なので、いまは「共存」できるように
僕なりに工夫をしています。

比べる癖が出てきてしまったら
正直な気持ちは受け止めますが

比較抜きで自分が今の状態で満足かどうかを
自分自身に問いかけて考えるようにします。

自分よりも優れている人と比較するから
自分が劣って感じてしまいます。

なのでいったん、周りの人を抜きにして
今の自分の状態に満足ができているかを
しっかりと確認します。

たとえば…

周りはたくさんお金を稼いで
良い暮らしをしているのに
自分は全然稼げていない

でも生活は維持できているし
たまには旅行に行ったり
自分のご褒美も買えている

自分が気にするほど
稼げていないというわけではない

お金がある分にはいいけど
そのためにハードな働き方をするのは
自分にはあっていない

だったら今の生活でも
そこまで不満はないや

と冷静に考えてみると
意外と現状に満足はしていることが分かります。

現状に満足ができなかったとしても
何かしらのグッドポイントを見つけることが
できる場合があります。






これをやりはじめたころは
でも実際劣っているのは事実だし…と
考えてしまいがちでしたが

最近は少しずつ改善されてきて
上述のように考えられることが
できるようになってきました。

もちろん、周りと比較して
悩むこともまだまだあります。

ただ、前に比べると少しは
マシになってきたのかなと思います。

これからもマイペースな自分の感情と
うまく共存していけたらと思います。



最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました