流されやすい自分について

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「流されやすさ」についてです。

HSPの方は周りの方の意見に
意識的/無意識に合わせる傾向があります。

本当は●●に行きたい
本当は●●が食べたい

頭に思い浮かぶことがあっても
周りの雰囲気に合わせてサッと
頭から消してしまいます。



周りとトラブルにならないよう
協調することは良いことです。

ただ、周りの人に合わせることが
デフォルトになってしまうと
自分を見失いそうになってしまいます。

僕も時々そういうことがあります。


買い物をしようとしたときに
良いなと思って手にとった商品が

家族が欲しいと言っていた物
他の人が良いと言っていた物

と第三者が良いと言っていたものばかり。

自分が本当に欲しい物って
何なんだろう…と
分からなくなるときがあります。


こういうことがあると
中身のない人間だなと
思ってしまいます。

同じようなことを経験した方、
いらっしゃいますでしょうか…?









流され過ぎないためにも
自分軸を持つことは大切です。

ただ、いきなり自分軸を持つというのも
難しいことだと思います。

なので、僕は1人で小さな決断をする練習をします。

たとえば…

・お昼ご飯は何を食べよう
・どの道から帰ろう
・どの洋服を買おう

こういう小さなことから
自分の心に正直になる練習をします。

自分の心の声を聴いて
その時の自分にとって
最も心地よい答えを出す。

それが自然にできるようになると
心の中の風通しがよくなって軽くなります。

少しずつ練習をして慣れてきたら
人といる時にも自分の気持ちを
素直に表現をしていけると良いですね。







周りの人を気遣うことも大切ですが
まずは自分が幸せになることを優先して
素敵な生活を送れることを願っております。

僕も一緒に頑張ります!!

最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました