都合の良い人にはならない。

仕事

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「都合の良い人にはならないこと」についてです。

HSPの方は心優しい方が多いと思います。

周りの人の気持ちが分かるからこそ
先回りして行動ができたり
相手が喜ぶことをすることができます。

それがきっかけで良好な関係に
なることもありますが
中には巧みに利用しようとする人もいます。

めんどうな仕事を押し付けられる
都合の良い時だけ頼ってくる

頭や心では分かっていても
ついつい笑顔で引き受けてしまう。

まさに僕です。笑








職場に手は動かさないのに
やたらと指示を出す人がいます。

その指示が本来の目的と
ずれていることもあって
困ることが多々あります。

思い通りにいかないと
露骨に機嫌が悪くなるので
なかなかな強敵です。笑


年齢も倍近く離れていて
僕の方が圧倒的に下に見られているため

何か反論をしようとしても
押し切られてしまいます。

そういうときには上司に
お力添えいただきます。

パターンは2つです。


①お名前を借りる

上司に相談をしてその方の提案に
反対をするという意思を確認して
それをお伝えします。

「●●さんに相談したのですが
▲▲という理由で無しになりました。
ご希望に添えず申し訳ございません。」

粘るようであれば上司と直接やりとりをするように
お伝えして僕はフェードアウトします。



②上司に出てもらう

最終手段です。

ややこしくなりそうだったり
長期化する恐れがありそうな場合は

上司に相談をして
直接対応していただきます。







人頼みじゃん!と思うかもしれないですが

自分僕の手には負えないことに関しては
他の方にお願いをしたほうが
スムーズに解決します。

特に人間関係においては
無駄に労力を使いたくありません。


下手に対応してしまうと
長期化してしまい
労力をとられてしまうため

権威のある方にビシッと
言ってもらった方が
スムーズに終わる場合もあります。


「都合の良い人」になってしまわないように
周りの方と協力をして
対処していけたらと思います。

本当は僕一人で強くハッキリと
言い返せたらと思うのですが
それはしばらく先になりそうです…。

いつかはできるようになりたいです…!


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました