外の空気をしっかりと味わう

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「外の空気を味わう」ことについてです。

僕はお散歩が好きです。

外の景色を見ながら歩くと
新しい発見があったり
心のデトックスにもなるし
良い事だらけです。

ですが、蒸し暑い日は
さすがに歩く気になれません…。

夕方以降ならばまだしも
日中に外を歩くのは
逆に危険な場合もあります。






エアコンを1日中つけていると
心地よく過ごすことはできるのですが

なんとなく無機質というか
人工的に作られた空気
吸っている気がするときがあります。

そうすると、徐々に外の空気が
吸いたくなってきます。

蒸し暑いし息苦しささえ
感じてしまう外の空気が
恋しくなるって不思議ですよね。


でも、外の空気を吸いたくて
窓を開けて深呼吸をします。

じめじめとした蒸し暑い空気が
鼻から喉を伝わって肺に
注がれていきます。

エアコンが効いた部屋にいると
空気が乾燥しているので

乾いた体内に少し潤いが
プラスされる感じがします。

鼻の奥

湿った空気が通るたびに
ほんの少しずつですが
潤う気がします。







さすがに長時間はできないので
1分も経たないうちに窓は閉めます。

それでもこのたった数十秒でも
満足することができます。

自然の空気を欲しているときは
味わうのが良いですね。

乾いた身体にも心にも
潤いをもたらしてくれます。

換気という意味でも
時には窓を開けて
外の空気を味わいたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました