自分のことは自分で決めると後悔が減る

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「決断と後悔についてです。

先日、髪を切ってきました。

ちょっとしたことではありましたが
僕にとっては大きな決断だったので
ご紹介できればと思います。


僕は今までマッシュで
前髪を下ろしていました。

蒸し暑い日が続いていて
おでこが蒸れて扱ったり

日焼け止めを塗ると
前髪についてしまったり

不便に感じていることが
いくつかありました。


おでこを出すヘアスタイルも
憧れてはいたのですが

似合うかどうか
分からない

失敗したらどうしよう

かっこつけてると
思われたらどうしよう



ずっと前髪を下ろした
ヘアスタイルしか
してこなかったので

いろいろと理由をつけては
避け続けていました。


あまりにも悩み過ぎて
おでこを出したヘアスタイルの人を
見かけるたびに

モヤモヤした気持ちに
なってしまうほどでした。






本当の気持ちは
ずっと心の奥に
確かにあったのに

何かと理由をつけては
無かったことに
しようとしていました。

それが限界を迎えていました。

もう、こんなにモヤモヤしたまま
過ごすのは終わりにしたい。



失敗を恐れる気持ちは
最後までありましたが

思い切っておでこを出すことを
美容師さんに伝えてみました。

カタログから僕に似合いそうな
おでこを出したヘアスタイルを
提案してもらって
それにしてみることに。


お願いをした時点で
変化に抵抗を示す僕の心は
どこかに行ってしまいました。

行動に移すことができれば
割り切れるタイプなのかなと
勉強になりました。


カットが終わると
センターパートに
なっていました。

印象はガラッと
変わりましたが

大失敗では
ありませんでした。


おでこを出すことができて
蒸し暑さがちょっと
軽減された気がします。

チャレンジができて
良かったと思っています(泣)






自分で決めて行動をすると
どんな結果になっても
自分の責任になります。

必ずしも成功するとは
限らないですが

うまくいかなかったときでも
他人のせいにしてしまうと
自分自身の成長に
つながりません。



今回の場合も、たとえ
髪型を失敗してしまったら

それは自分がおでこを出す髪型が
似合わなかったのか

美容師さんのスキルの
問題だったのか

原因を考えることで
同じミスを避けるための
良い教訓になります。


何かを決断することは
勇気がいることですが

試行錯誤を繰り返すことで
自分にとって適切な
環境をつくることができます。



いきなり大きな決断はしなくても

食べたいと思っていたもの
行きたいと思っていた場所

もし迷っていることがあれば
何か1つでも良いので
実行にうつせると良いですね。

僕も引き続き、頑張っていきたいと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました