「ありがとう」を伝える大切さ

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「感謝の気持ちを伝える大切さ」についてです。

僕は自分1人で生きているわけではないと
日頃から感じています。


たとえば、コンビニでジュースを買ったとき
レジでやり取りをしてくれた店員さんはもちろんですが

ジュースの原材料を作る人
ジュースを作る人
ジュースのパッケージを作る人
ジュースを運ぶ人
ジュースを保管する冷蔵庫を開発する人

ジュースが僕の手元に届くまで
多くの人が関わっています。

この人たちがいなければ
僕は手軽にジュースを飲むことができません。

ありがたいことですよね。

この気持ちをどうにか伝えたい!
とは思うですが

全員にありがとうを伝えるのは
さすがに難しいので

レジでお会計をしてくれた店員さんには
「ありがとうございます。」と
なるべく言うようにしています。






学生時代、レジのアルバイトをしていたとき
こうしてお礼を言っていただけると
とても嬉しい気持ちになりました。

どんなに忙しくても
どんなに疲れているときでも

「ありがとう」の一言で
心がふわっと軽くなりました。

言葉の力って本当に偉大ですよね。

たった一言の感謝の言葉で
人の心をあっさりと癒してしまいます。

コロナの影響で、接客をしている方へ
心無い言葉を投げかけたり
理不尽な要求をしたり

明らかに度が過ぎる行為をする方が
いるということをニュースで見て
とても悲しい気持ちになりました。


接客をしている方のおかげで
僕たちは物を手に入れることができます。


少しでも接客をしてくださった方の
気持ちが楽になればと思い
なるべく「ありがとう」を伝えるようにしています。





感謝の気持ちを伝えることで
周りの人を幸せにできるのはもちろんですが
自分自身も満たされた気持ちになります。

こんなにお手軽でハッピーになれるなんて
とってもお得ですよね。

これからも感謝の気持ちは素直に
伝えていけたらいいなと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました