モヤっとした感情を感じたときは、まずは理由を考えてみる

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「モヤっとした感情を感じたとき」についてです。

緊急事態宣言が解除されて
人手が増えてきましたね。

人混みが苦手なにとっては
ちょっと辛い状況です。笑







外を歩いているときに
前の人がゆっくり歩いていると

ついモヤっとした感情が
生まれてしまうことがあります。

早く行きたいんだけどな…
後ろが詰まってる…


なんとなくモヤっとした
気持ちになってしまいます。

お恥ずかしながら
こういうことがよくあります…。


さすがに八つ当たりしたり
ということはしないですが

モヤっとした感情が
しばらく残ってしまって
嫌な気持ちになりがちです。

こういった時の対処法として
何故そういう感情になったのか
自問自答をすることにしています。


心の奥底の声に耳を傾けると
自分の本音が見えてきます。

自分の歩くペースを
乱されて落ち着かない

早く帰りたい

なんとなく独りよがりな
気持ちでいることが多いです。


ですが、そんな考えをもった自分を
責めるのではなく

あぁそうだったのね
でも急ぎじゃないなら
別の道でもいいし

もう少し歩いてみて
道が広くなったら
追い越してみよう。

といった形で
自分で納得できる
解決方法を考えると
心が落ち着きます。







モヤっとした感情が湧いたら
心の奥底の声に耳を傾けて

何故そのような気持ちになったのかを
探ってみると良いかもしれません。

いつも実践できているわけではないですが
以前に比べると感情の波が
穏やかになってきたかなと思います。

コロナの影響もあり
窮屈な雰囲気が蔓延していますが

うまくストレスを解消して
のびのびと過ごせると良いですね。



最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました