1人時間を大切に

日常生活

こんにちは。
HSPの颯太です。

今回は「1人時間を大切にする」ことについてです。

相変わらず、僕には友達がいません。笑

この世に生を享けてから
かれこれ20年以上経ちましたが
友達の少なさは相変わらずです。


高校生の時には一緒にお昼を
食べる友達がいなかったので
しょっちゅう1人でお昼を食べていました。

1人でいるのが恥ずかしかったので
お昼はサクッと食べ終えて
校舎内の人気がない場所を散歩していました。


人目につかない場所にいると
思いっきり呼吸ができるので
とても居心地が良かったです。


みんな自分に注目している訳なんて
これっぽっちもないのは
なんとなく気づいていましたが

とにかく1人になりたくて
必死な毎日でした。





大学生、社会人になるにつれて
1人でいることへの恥ずかしさや
抵抗がどんどん薄れていきました。


年齢を重ねてきて経験値が
増えてきたこともありますが

何よりHSPという概念を
知ることができた
のが
僕にとって大きな進歩でした。

自分は異常なんかじゃない
ちょっと感受性が高くて
バテやすいだけ。

何もおかしいことじゃない。

とっても大きな自信につながったなと思います

1人でご飯を食べていても
なんとも思わないし

むしろ好きなものを好きなタイミングで
食べられるという嬉しささえ感じてしまいます。笑

国内でも海外でもガンガン1人で
行動が出来るようになりました。






ずっと人といると疲れちゃうけど
1人でいるのは恥ずかしい…
と感じる方もいらっしゃるかと思います。

・・・全然大丈夫です!


職場では基本的に1人でランチをしています。
1人でお出かけもしています。

1人の時間を大切にしないと
自分が空っぽになってしまう気がします。


それぐらい1人時間は
僕にとって大切なものです。

これからも引き続き1人時間を
大切にしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。
タッチしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ


よろしければ以下の記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました